「電車で席を譲る勇気」。あなたも一度は経験してませんか?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
        新元号“令和”記念
  “入会金無料“特別キャンペーン!!
       5月18日(土)まで
    
(但し「お見合い料無料♥スペシャルコース」のみ入会金50%off)

    ★★★★★★★★★★★★★★★★★★


先日電車に乗ったときに若いお母さんがお子さん二人を連れて乗ってこられま
した。子どもさん一人はまだ赤ちゃんでおんぶ紐で前に抱っこし、もう一人の
3歳くらいのお子さんと手を繋いでいらっしゃいました。

車内は程々混んでいてその女性と私は少し距離がありました。私は電車の入り
口すぐの補助椅子に座っていたのですが、「譲ってあげたいな~」とずっと気
になりながら結局席を譲る勇気が出ないまま、3駅ほど通過し私は下車駅に着
いてしまいました。😣😥

~~~~~~~~~~~~~~~~

私は過去に電車で席を譲ろうとして、随分イヤな思いをしてからなかなか席を
譲れなくなりました。あなたもそういう経験をされていませんか?

ある駅から乗って来られた高齢の女性が席を捜しながらこちらの方に来られて
いたので、私は立っていたのですが、目の前の優先席に座っていた高校生らし
き男子の二人に、「席を譲ってあげてくれない?」と声を掛けました。

そうしたらすぐに「いいですよ」とさっと立って向こうの方に行ってしまいま
した。とても感じのいい男子だったのでそのとき私はとても嬉しかったです。

私は高齢女性の所に行って「譲って下さったから座ってください」と言った
ら、そのあとにその女性から返って来た言葉に思わず絶句して次に言う言葉が
ありませんでした。

「自分たち(男子学生)の方から積極的に言ったんだったらいいけど、人に言
われてから席を譲られても座りたくない」と。


それ以来、私は『さっと電車で席を譲る』ことができなくなってしまいまし
た。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「人に親切にする」って良いことだと思いますが、場合によっては難しいです
ね。

一つ間違えると「余計なお世話」になってしまうからです。

今の世の中は複雑で、人の考え方捉え方も様々で、「難しい!」
と思ってしま
うと、ついつい人と関わらないでおこうと距離を置いてしまいがちですね。

松尾芭蕉の『秋深き 隣は何をする人ぞ』という言葉がありますが、今は初夏
で少し内容は違いますが、集合住宅が大変多くなった今、本当にお互いに隣人
がどういう人か分かってない人が多いのではないでしょうか。実は私もマン
ション住まいで両隣のご家族の事はあまり知りません。

人との関わりは本当に難しいですね。
でも、最近の少子高齢化の世の中では『無関心』は良くないですね。
「お節介」ではなく、本当に助けを必要としている人との関わりには、積極的
にお手伝いをすることが相互扶助に繋がるのではないでしょうか。

  ~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~




アーカイブ

このページのトップへ