夏バテしてませんか?ウナギを食べて疲労回復!7月20日は『土用の丑の日』


『暑中お見舞い申し上げます』🏄🍧🍉🍻
毎日暑いですね~!!夏バテ大丈夫ですか?
日本各地の気温はウナギ上り!熱中症の人の数もどんどん増えています。
水分、塩分、栄養の補給、十分な睡眠、無理をし過ぎないように、お身体には
十分気を付けて下さいね。

~~~~~~~~~~~~~~

7月20日は「土用の丑の日」ですね。今年の夏は8月1日も土用の丑の日だそう
ですね。私は「ウナギのかば焼き」は大好きですが皆さんは如何ですか?
何かウナギを食べると元気になるような気がしませんか?

実際にウナギの栄養価はとても高いようです。ビタミンA、B1、B2、D、Eや
DHA、EPA、ミネラルなど体に大切な栄養素が大変豊富で、しかも体カロリー
で理想的な健康食品なのです。

どういうことにいいかと言いますと、夏バテ解消、視力の低下、皮膚などを健
康にする美容効果、脳卒中の予防、高血圧の予防、口内炎予防などなどいっぱ
いいいことがあるんですよ。

最近はウナギの漁獲量が少なく、今年のウナギの卸値が去年の4割高くなって
いるそうで…..😥今でも高いのにたくさんはなかなか食べられそうにありませ
んね。
と言って….やはり少なくてもいいから中国産より美味しい国産ウナギが食べた
いです~。😍

~~~~~~~~~~~~~~~

<【土用の丑の日とは】2018年はいつ?ウナギを食べる意味や由来を紹介>
(サイト:明日のネタ帳 より抜粋)
~土用の丑の日の由来~
その由来については諸説ありますが、いちばん有名なものをお話します。
・平賀源内の発案
(平賀源内・・・1728~1780、江戸時代中ごろの人物。本草学者、地質学
者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃学者、俳人、蘭画家、発明
家。ウィキペディアより)

江戸時代、うなぎ屋がうなぎが売れないで困っていることを、平賀源内に相談
しました。この時の、「“本日丑の日”という張り紙を店に貼る」という平賀源
内の発案が功を奏し、うなぎ屋は大繁盛になったのです。

ちなみに、これがヒットした背景に、当時は、「丑の日にちなんで、“う”
から
始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習があったそうです。
これを他のうなぎ屋もこぞって真似をするようになり、次第に「土用丑の日は
うなぎの日」という風習が定着したとされています。

   ~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~✌😊

アーカイブ

このページのトップへ