『究極の選択』・・・W杯での西野監督の究極の選択をあなたはどう思いましたか?


6月28日(木)深夜のW杯、ポーランドとの1次リーグ最終戦で0-1で負け
ていながら、試合終盤の最後の10分間、ボール回しで時間稼ぎを命じるとい
う西野朗監督は「究極の選択」をしました。

この「究極の選択」については、この試合を観戦していた人たちから大ブーイ
ングが起こりました。世界からも酷評を浴びせられました。
私も日本を応援したい!と、いつも入浴タイムは11時30分以降が多いので
すが、この日は早めに入浴しTVでこの試合を観戦していました。

この究極の選択については、私も何か気持ちがモヤモヤで、観ていてとても
10分間が長く感じられましたし、試合が終わってからも素直に喜べない状態
でした。この選択については賛否両論があったのは当然だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

翌日のミーティングで西野監督は選手たちに謝罪されたそうですね。
「ブーイングのある中で、ピッチに立たせてしまった。勝ちに行く要求ではな
く、守りに行く要求をしてしまったのは凄く申し訳ない」と謝罪、自分の信条
としては不本意とも言われています。

「勝ち上がる!」「前に進む!」ためには究極の選択だったに違いありませ
ん。
すべてのTOPに立つ人は本当に大変です。「選択、采配、指示、命令」などに
おいて決定権を担っている人たちは、その人の決定によってその後の状況がす
べて左右されてしまうからです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

このことで私は過去に起きた「2つの出来ごと」を思い出しました。
1つは私の親友に起きた出来事です。
私が22,3歳の頃の話ですが、その親友A子さんから聞かされた話ですが、A
子さんの親友B子さんに結婚を考えている彼氏がいて、紹介されたそうです。
その後A子さんはB子さんの彼氏を好きになり、かなり悩んだそうですが結局
A子さんはB子さんを裏切りB子さんの彼氏と結婚してしまいました。

私はそれを聞いたとき、A子さんは何と酷い人だと彼女を「親友の恋人を奪う
なんて!」と軽蔑してしまいました。私もその時まだ若かったので一途にそう
思いましたが、今の歳では、もっと自分の人を受け入れる気持ちが違っていた
ように思います。

2つ目は、たしか何年か前にTVの番組で知った中国で起きた話です。
詳しくは覚えていませんが、自分のお母さんと恋人が、ある川で二人ともが溺
れてしまっている状況を見たとき、男性は川に飛び込んで恋人を先に助け上げ
たそうです。きっとお母さんは後で知ったとき、悲しかったと思います。

もしあなたならこの状況のとき、どちらを先に助けますか?
多分、そのときに異性で好きな人がいたら、彼女を助ける人が多いのではない
でしょうか?お母さんに対して愛情がないというわけではないと思います
が….。昔からよく言われるパターンですね。「私(嫁)とお母さんとどっちが
大事?」と。

『究極の選択を迫られたとき』……
あなたはどっちを選びますか?😓😣☺✌

~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~

アーカイブ

このページのトップへ