『平気でうそをつく人たち』には十分気を付けましょう。あなたの周りにもいませんか?


最近というか昔から大物政治家にはよくある話だと思いますが、日本国内の政
治家や北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長やトランプ大統領など「平気でうそを
つく人たち」がいっぱいいますね。

普通に人は一度でもウソをつかれたらその相手には不信感を持ってしまいま
す。まあ一度だけならまだ少し許せるかなとも思うことはありますが、数回そ
ういう目に遭うとやはり相手を信じる訳にはいきません。
イソップ物語の「オオカミと少年」ではないですが、もし何度目かに本当のこ
とを言ったとしても、人からはなかなか信じてもらえないでしょう。

そもそも平気でウソをつく人は、もともとそんなに罪悪感は持ってないんだと
思います。とにかくそういう人は自分が一番大事なのです。他人のことはどう
でもよく、自分が得になることばかり考えます。自分を最高に見せようとしま
す。「アメリカ ファースト!」のトランプ大統領そのものです。

私にはこの人にノーベル平和賞を受賞させようとする人たちのことを全く理解
できません。金正恩委員長もしかりです。表の顔と裏の顔が全く違うように感
じるからです。こういう人たちの言動を簡単に信じる訳にはいきません。

日本国内でも今「森友加計学園問題」等に関して様々な疑惑が浮上し、なかな
か解決しないまま国会は大事な案件をそっちのけで空転状態です。またつい
近々では麻生大臣が訳のわからない身内の保身や弁明で国民から非難されてい
ます。
あなたの周りで「平気でうそをつく人」はいませんか?

~~~~~~~~~~~~~~~

『平気でうそをつく人たち・虚偽と邪悪の心理学』
(M・スコット・ペック著)

(サイト:人生攻略法 人生に役立つ情報のまとめ より抜粋)
邪悪な人間について論じた本。
邪悪な人間は犯罪者等の単なる悪人とは異なり、自分を善人だ思っていて周囲
もそう思っている場合が多い。実際の善人と異なる点は、関わるとマイナスに
なる点。邪悪な人間の特徴として挙げられるのは、嘘・無責任・自己中心性・
病的ナルシシズム・自己愛性パーソナリティー障害・サイコパシーなど。

◆邪悪を見抜くポイント
・嘘、言い訳、責任転嫁が多い。
・表情に人間味がなく笑顔が不自然。または、いつも眉間にしわを寄せて困っ
たような顔をしている。

・関わってもプラスにならない。根底に他人が得するのが絶対に許せないと言
う気持ちがある。

・人の話を自分の都合よく捻じ曲げて解釈する。
・話しが通じない。根底に自分の都合の悪いことは理解したくないという気持
ちがある。

・他人に害を与えても全く気に留めない。良心の欠如。
・無能なのに自己評価が高い。言う事だけは大きいが実力が伴わない。誇大妄
想。

・他人の成果を横取りするのに長けている。本気で自分の成果だと勘違いして
いる場合も多い。


◆対策
・人間は好き嫌いで判断する。好き嫌いに理由は要らない。嫌悪感や嫌な予感
に従う。

・プラスになる人間とだけ付き合う。
・良心がないので良心に訴えても無駄。強い立場から圧力を加えたり、法に訴
えるなどの強制力のある対処法しか効果がない。

  ~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~😊✌

 

アーカイブ

このページのトップへ