あなたは決めつけていませんか?もっと相手をプラスに受け入れて心にゆとりを持ちましょう。

あなたは人の言うことを「こうに違いない」「絶対にこう思っているだろう」
と勝手に決めつけていませんか?
もしくは、あなたはこういう思い込みタイプの人にイヤな思いをさせられてい
ませんか?

人の心、人の想いはそう簡単にはわかりません。一番困るのはいいように解釈
してくれればいいですが、そうではなく決めつけタイプの人はマイナス思考型
の人が多いので余計困ります。

ドラッカー(経営学者)の『コップの水理論』ではないですが、同じ物事を
「プラスに捉えるか、マイナスに捉えるか?」で大きく違います。
この「コップの水理論」に対しても、人によっては解釈の仕方が違ったりする
ようですね。

できれば「コップの水がまだ半分ある」と捉え、ポジティブに考える方が幸せ
に繋がることが多いと思いませんか?
自分のしっかりした考えを持つのは大切ですが、下手をすると自分の偏った価
値観で自己主張して、周りの人とギクシャクと摩擦を起こしたりしてしまいま
す。一人では生きて行けません。生きて行く中では人と人との繋がりがとても
大事です。
そのためには、自己主張ばかりせず、「共感・共有・同調・傾聴」などは欠か
せません。

人と上手にお付き合いしていくには、自分勝手な「決めつけ」や「思い込み」
はやめましょう。

自分が変わらなければ、周りは何も変わりません。
あなたが少しずつ変わっていくことで、周りの景色がどんどん良くなっていく
ことでしょう。

私が悩んだり、答えを見つけたいときに<サイト:画道師範Naomi>さん
のブログに辿りつきます。
今日も素敵なNaomiさんの詩をご紹介します。

  *************************

≪「違いない」ではなく「かもね」。粋な大人の余裕は、余白から生まれる。≫


世の中は、自分の意思ではコントロールできないことだらけで

自分でコントロールできるのは自分だけです。

 

だから、イチイチ、誰かや何かに腹を立てるよりも

どうやったら自分がご機嫌で過ごせるかを考えた方が幸せです。

 

大抵いつもご機嫌で過ごしている人は、人に過度に期待しないし

想定外のことが起こってもそれをプラスに捉えます。

 

大抵いつも不機嫌に過ごしている人は、人に過度に期待して

想定内も想定外も関係なくすべてマイナスに捉えます。

 

そして、不機嫌な人は、お腹の中では怒っているのに

目の前に相手が現れるとニコニコと大人の対応をしようとするので

その感情の温度差に自分で自分を疲れさせて、より一層一人でイライラしてい
ます。

 

顔は作り笑顔で目の奥も笑わず、お腹の中は鬼の形相。

これでは自分も相手もとことん疲弊します。

また誰かをつかまえては、いつも何かに反発や批判する話をするので

あの人との会話は疲れると、人も寄り付かなくなります。

 

 

イチイチ腹を立てなくするためには

相手の行動や思考パターンを予測してゲーム感覚で楽しむことです。

 

ここで大切なのは、決めつけるのではなく、予測すること。

◯◯に違いない、ではなく、◯◯かもね、と余白を残す。

 

予測をゲームのように楽しめるようになると、予測通りでもそうでなくても笑
顔で対応できます。

 

自分はちゃんとやってますという人ほど

相手に求めるものも天より高くなります。

 

自分がちゃんとやるのは自分の意思ですが

相手がちゃんとやるかどうかは相手の意思です。

 

◯◯かもね。

粋な大人の余裕は、余白から生まれます。

  ~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~😊✌

 

 


 

 

 

アーカイブ

このページのトップへ