人の幸せに繋がる「忖度と保身」。

「春です!素敵な相手を見つけましょう!」
入会金(2万円)50%OFFキャンペーン実施中(4月30日まで)

いつまでも長引く「森友問題」、いつになったらこの問題が解決し終息するの
でしょうか。

昨日の参院決算委員会でまたまたこの森友問題が再燃しています。
財務省の太田理財局長が森友学園への国有地格安売却問題の件で、昨年2月同
局職員が森友学園側の弁護士に口裏合わせを求めていたことを認め、「間違い
なく誤った対応で大変恥ずかしいし、大変申し訳ない」と陳謝しました。

これに対して、自民党の西田昌司氏が強い口調で「耳を疑う。バカか!本当
に!ここは国会だぞ」と怒り心頭でした。

私はTVで詳しく観ていたわけではなく、ニュースでその場面を少し見ただけ
ですが、「そういう言い方はないでしょう」と思ってしまいました。
ここまでこうなった以上、正直に謝って真相究明していくほかないと思います。

もっともっと最初に『安倍首相への忖度』、またそれに関わらざるを得なかっ
た部下たちが『保身に走った』ことを明かすべきだったのではないでしょう
か。

今のところ何が本当なのかまだまだ分かりませんが、一般論としていえば、ど
こかで何かを隠そうとしたことが
、事が大きくなって行って「嘘に嘘」を積み
重ねて行かざるを得なくなってしまうようなことはありますよね。

最初は「間違った善意、間違った思いやり」から始まったことが「間違った忖
度の連鎖と保身」でとんでもないことになってしまいました。
もともと組織に隠蔽体質があったかもしれません。
ひょっとしたら誰も悪意がなかったかもしれません。

~~~~~~~~~~~~~~~

私は太田理財局長の発言に対しては、
非難されるものではないと思っています。

残念なのは、
佐川元国税庁長官の証人喚問での対応でした。
ほとんど何の解決にも繋がらないような答弁でした。
「保身」そのものでした。

また今日もあらたに「加計学園獣医学部新設」をめぐる
“面会記録”が見つかり、その文章の中の「首相案件」の記述が
またまた大変な問題になっています。

日常的に多く行われている「忖度と保身」。
私もいっぱい普通に忖度や保身をしていると思いますし、
決して悪い事ではないと思います。

自分の利益だけではなく、
正しい方法で人の幸せに繋がるような
「忖度と保身」になればいいですね。😊✌

    マリッジあかし★輝き 山本りく子

  ~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~

アーカイブ

このページのトップへ