『問題提起』・・・土俵は女人禁制!「命は地球より重い!」

「春です!素敵な相手を見つけましょう!」
入会金(2万円)50%OFFキャンペーン実施中!(4/30まで) 
今物議を醸している「土俵の女人禁制と救命とどっちが大事!?」問題です。
もちろん常識的に「救命!」と答えられる方がほとんどだと思います。

4月4日に京都府舞鶴市で開かれた大相撲春巡業で、土俵の上で挨拶をされてい
た多々見市長が突然倒れられ、咄嗟に一人の女性が土俵の上に上がり、心臓
マッサージの救命措置を取られ、その後すぐ2~3人の他の女性も土俵に駆けあ
がりました。

それに対して行司のアナウンスが「女性はすぐ土俵を降りて下さい」と何回も
放送されるという出来事が起こりました。
その後救急車が到着し多々見市長はすぐ運ばれていったのですが、女性たちが
土俵を降りた後土俵には大量の塩が撒かれたそうですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

誰がどう考えてもあの時の行司のアナウンスは大間違いで、今は日本のみなら
ず世界で避難を浴びる結果となりました。

幸い多々見市長は病院で手当てされてお元気だという事ですが、クモ膜下出血
で1か月入院予定だそうで、何とか事なきを得て本当に良かったですね。

あの時の女性は「土俵に上がってもいいですか?」「看護師です」ときちっと
言われたそうです。ちゃんと許可も取られての行動ですし、看護師さんなら目
の前の突然の状況にすぐ体が反応されての当然の行動だったことでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~

<「問題提起する」>
私たちは毎日行われいることに、大して疑問も持たずに過ごしていることが多
いですね。今回の出来事でもそうだと思います。
以前からも元大阪府知事の太田房江さんが土俵に上がらせてほしいと日本相撲
協会に許可を申し出たそうですが、昔からの伝統という事で却下されたそうで
す。その後も同じ様な出来事があったようですね。

今回のような出来事が起こったことは、結果的には良かったのではないでしょ
うか?やはり時代がどんどん変わっている中で、その時代に合ったように変え
て行かなければ、みんなが生きにくくなりますし、後々にいろんな摩擦やトラ
ブルの原因になります。

数年前に「保育園落ちた。日本死ね!」と一女性がSNSで発した言葉が一遍
に拡散し大問題になりました。その結果、行政が力を入れて徐々に改善されて
いっているのではないでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~

大事なことは、誰かが、みんなが声を上げないといろんな問題が解決されない
まま、やがては大きな問題に繋がってしまいます。

先日TVで学校の「PTA」の存在が問題になっていました。
ある女性がPTAを脱会することで本人も子どもさんも、ひどい「いじめ」に
あったそうです。基本的にはPTAへの加入は任意だそうです。

1つ1つ内容が複雑で簡単には解決できないことが多いでしょうが、「問題提
起をする」ことでもしかしたら解決の糸口が見つかるかもしれません。

「見て見ぬ振りをする」、「あったことを無いことにする」、「自分には関係
ないことだから」
ではなく、自分自身も含めて何事も放っておいては良い結果
は得られません。
「保身」ばかりに走らずに、まず、自分の、また自分の身近な目の前の小さな
問題からでもいいですから、真剣に向き合って解決していきませんか?

特に人間関係はこじれたまま放っておくと、取りかえしが付かないことになり
かねません。

婚活中で交際中の方は、
気になることはお互いによく話し合って、
一緒に居て居心地のいいお相手になるように、
お互いが分かり合えるような関係を築いていってくださいね。

       マリッジあかし★輝き 山本りく子

  ~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~


 

アーカイブ

このページのトップへ