【婚活】下重暁子著「年齢を捨てなさい」。でも婚活では「年齢をもっと意識しなさい!」。


下重暁子さんの『年齢を捨てなさい』という本が今ベストセラーになっています。
以前の下重暁子さんの著書で『家族という病』を読みましたが、下重さん独特の視
点、家族への想いが書かれていたのを覚えています。

この『年齢を捨てなさい』の本は、最近の私には、とってもいいことが書かれている
な~と思っています。というのも、若い頃の私だったら、恐らくピンとこなかったで
しょうね。
下重暁子さんもご自身が年齢(とし)を重ねてこられた今(82歳)だからこそ、すご
く感じられて思うことが多くなって、この本を書かれることになったんだと思いま
す。
私も年齢を捨てて😁頑張っていきたいと思っています。☺

~~~~~~~~~~~~~~~~

年齢には「実年齢」と「見た目年齢」があります。
私は美容師だったこともあり、いつも実年齢より10歳位若く見られていました。
さすがに最近は実年齢には勝てず、今はお世辞で5歳位若く言ってもらえる時もたま
にありますが、見た目年齢も実年齢に近付いてきました。😣
本当に寂しい限りです。😥

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

では、婚活市場での「実年齢」と「見た目年齢」についてお話したいと思います。
結論から言いますと、「男性は『若さ』と『美人』にはとっても弱い!」ということ
です。
それと一般的には「見た目年齢」が若ければ十分通用しますが、結婚相談所のプロ
フィール検索では選ばれにくいのです。
何故かと言いますと、検索条件に年齢の項目がありますので、先程申しましたように
男性は主に若い人を選びます。その結果、世間一般で「とても若く見えますね~!」
という褒め言葉が通用しないのです。

また男性は年がいっているにもかかわらず、20代、30代前半の人を選びたがりま
す。自分の子どもを欲しがる男性が多いからです。
40代の女性でも十分出産可能と思いますが、徐々に何らかのリスクを伴うことが出て
きたりするからでしょうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「結婚」というものは「人と人のご縁」なので、一概に年齢が問題とは言えません。
シニアの方でもいい方と出会われて結婚されています。
でも、現実的に一つずつ年齢を重ねる毎に、選ばれる立場から言うと、マイナスで
す。特に女性はそうですね。

結婚されたいのなら、やはり先延ばしにするのではなく、1歳でも若い方が、1年で
も早い方が出会えるお相手が多いと思います。

せっかく多くの方とお出会いしながら選び過ぎてあとになって後悔されている方も
多いのです。


結婚生活は、そもそも違う人間同士が一つ屋根の下で暮らすことなので、協働、共
有、共同、協力など「共に二人で」と譲る気持ちが無いと成り立ちません。

お相手に「求め過ぎない!」ことが大切ではないでしょうか。

  ~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~

アーカイブ

このページのトップへ