【婚活】過去に囚われず、前を向いて進もう!「今」と「未来」のために。


婚活中の方であれば十分お分かりでしょうが、お見合いやその後の交際で上手くいかな
かったとき、自分が断ったときはそうでもないですが、お相手から断られたときは、それ
なりに落ち込みますよね。

誰でも自分自身のことはわかりにくく、「なんで断られたのだろう?自分のどこが良くな
かったのかな~?」と悩むことになります。お見合いの場合、結婚相談所間でもお断り理
由はお互いにお伝えしないことがほとんどで、交際が上手くいかなかったときでもどちら
かというと「残念ですがご縁をお繋ぎすることができませんでした」という言葉で終える
ことが多いですね。

たまに「よろしかったら今後の参考にさせて頂きたいですので、理由を教えて頂けます
か?」とのお問い合わせがあったりします。そういう時にはお互い様ですが、お相手を傷
つけない配慮をしながらお伝えすることになります。なので本当の理由かどうか、ちょっ
と分かりにくいところがあります。

誰でも断られるのはイヤですし辛いです。断られることが何回か続くと「自分を完全否定
されている」ような気持ちになって、当分婚活をしたくなくなったりします。
婚活の負のスパイラル状態に陥ってしまいます。

~~~~~~~~~~~~~~

先日入会面談させて頂いた素敵なA子さんは結婚前から少し不安があったそうで、でもお
相手に押し切られ結婚されたそうですが、やはり結婚生活がうまくいかずその後何とか離
婚できたそうですが、やはり当分その傷が癒されず2~3年立ち直れなかったそうです。
最近やっと気持ちが前向きになれて当相談所を訪ねて来て下さいました。
これからもう1度気持ちを新たにしていただいて、今度はA子さんに合った男性に出会って
いただいて、ぜひお幸せになっていただきたいですね。

なかなか「人の縁」というものは本当に難しいですね。
ただはっきり言えるのは、「そのお相手と上手くいかなかった!」というのは、「その人
とはご縁がなかった!」ということです。
私は、会員様にいつも言っています。もし断られた時は、「いつまでも思いを引きずら
ず、ご縁がなかったと流して、さっさと前に進んで下さいね」と。

前に進むには『過去の出来事からの反省』ももちろん必要だと思います。
でも、過ぎ去った『過去』はどうにもならないことがほとんどです。
早く気持ちを切り替えて前に進む!これが一番大事だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

<変えられない「他人」と「過去」に悩むより大切なこと>
(ALLAbout 
健康・医療より抜粋)
米国の精神科医 エリック・バーンの名言
「他人と過去は変えられない。変えられるのは自分と未来」

◆「自分」を変えるには、考え方のクセを変える
まず「自分」をかえるには、自分自身の「考え方」のクセに気付くことがストレスを招き
やすいものであれば、「認知行動療法」で修正するのがお薦めです。たとえば、いつも〇
か×かの二極化で考えたり、一時の感情にとらわれて物事を決めつけていませんか?

◆「未来」を変えるには、「行動」を変えていく

自分の「行動」を変えれば、未来は変わります。一度やって上手くいったなら、次もその
方法でやってみることです。上手くいったことを何度も続けているうちに、自分の得意分
野ができてきます。そうした経験の繰り返しが自分の身を助け、自信をもたらしてくれる
でしょう。

『あなたがいま幸せならば
 それはあなたがいま明るい考えを巡らしているからです。

あなたがいま不幸せだとしたら 
あなたがいま暗い考えを巡らしているからです』・・・ジェームズ・アレン

      マリッジあかし★輝き 山本りく子   

~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~♡♥~~~~~

  「春です!素敵な相手を見つけましょう!」
 入会金(2万円)50%OFFキャンペーン実施中
(4/30まで)

アーカイブ

このページのトップへ